profile

滋賀県近江八幡市のアロマ・トリートメントサロン『La Pausa(ラ・パウザ)』のブログです。サロンからのお知らせや、主宰・森澤徳子の日常を綴ります。

links

others

search this site.

済生会フットケア

今日は、済生会病院淡海荘のフットケアでした。

いつも来てくださる修了生さんが体調不良で、今日は私1人で4名さまをケア。

やっぱり1人はさみしいです。
年内は今日が最後。
今年も、毎月1回のケアを休むことなく続けられました。
また来年も頑張ろ。


写真は淡海荘に飾ってあったクリスマスツリー。




終わったあとは、商品お渡しのため友人のところへ行ってきました。

なかなか会えないので、嬉しくて、つい長居しちゃいました。


会えて嬉しいと喜んでくれる人がいて、自分も嬉しくて。幸せな1日でした。

ソーシャルアロマセラピスト養成講座

今日はひさびさにソーシャルアロマセラピスト養成講座を開講しました。

ソーシャルアロマセラピスト養成講座は、アロマとタッチングを楽しむのに持ってこいの講座です。

プロになりたいわけじゃないけど、トリートメント技術を学んでみたい方にはうってつけですね。

介護士さんなど、お仕事のために学ばれる方もいらっしゃいますが、ご家族のために学びに来られる方も多いです。

ご高齢のお母さんに、毎日ほどしていたら、むくみや痛みが軽くなって、喜んでもらえたという感想をいただきます。
こちらもお伝えして良かったと、しみじみ感じています。


アロマは奥が深くて、広くて、私まだまだ学びの途中です。


年内は今日が講座おさめになりそうです。
来年は、よりいっそう精進して、 一緒に楽しく学んでいただけるよう努めたいと思います。





続けていきたいアロマフットケア

今日は、済生会病院淡海荘アロマフットケアの日でした。

東京行きの疲れがでたのか、いつもほどの元気がでないまま、フットケアに臨みました。

そしたら早速「元気ないやんか。
朝晩と昼間の差が激しいときやし、暖房入れたり、着るもの増やして暖かくしときや」と、
利用者さんからアドバイスいただいてしまいました。

年の功というかなんというか、よく見てくださっています。

済生会でのフットケアをはじめて丸2年。
もう3年目に突入しています。

これからも、長く続けていきたいから、一緒に活動してくださる方募集中です。


写真は、午前に商品をお渡ししたお客様からのいただきもの。

近江八幡篠原「親玉」さんの麩饅頭と豆大福。

どちらもめちゃくちゃ美味しかったです。美味しいものを食べると幸せになりますね。






フットも学べる

今日は、ソーシャルアロマセラピスト養成講座でした。

久しぶり。
続くときは、めちゃくちゃ続くんですけどね。

ハンドだけじゃなくフットが学べるのがやっぱり一番の魅力。
家族にやってあげられますもん。

今日も息子や娘に、「足マッサージして」ってリクエストもらったので、喜んでやりました。

手もコミュニケーションにすごくいいですし、はじめて人に触れるなら、やっぱり手からなんでしょうけど、手だけだともったいない気がします。




さて、午後からは、友人に会いに行ってきました。
そういえば友人に会うの久しぶり。
考えがごちゃごちゃにこんがらがって、悩んでしまってたのを、聞いてもらい、かなりスッキリしました。

やっぱりモンモンと一人で考えちゃうとダメですね。


身体も心も、デトックスが必要です。


写真はスロージョギング中に見つけたコスモス。
秋ですね〜。

何も言えなくても

今日は済生会病院淡海荘でのアロマフットケアの日。


今日初めて受けられた男性は6年前に倒れ、車椅子に。現在80歳は超えれてます。とても聡明な方でした。

思うように動けない身体が悔しい、諦めてしまうとおっしゃるので、いたたまれない気持ちに。


うちの亡き父もそうでしたが、「悪いこと、そんなにしてきたつもりないのに、なんでこんな身体になってしまったんやろ」とおっしゃるのは、男性が多いですね。

こんなときは、なんて声をかければいいのか、わからなくなります。


それでも、毎月楽しみに待っていてくださるのは、本当にありがたいです。



なんて励ませばいいのかわからない時も、香りと手の温もりがその方を包んで、あたためてくれる。それがアロマの魅力ですね。







写真は、午前中に商品を購入に来てくださったお客様からの8周年祝い。


仕事に行く前に寄ってくださっただけでもありがたいのに、めちゃくちゃ嬉しいです。


またゆっくり、個性的な旦那さんネタで盛り上がりたいな。



| 1/38PAGES | >>
このページの先頭へ