profile

滋賀県近江八幡市のアロマ・トリートメントサロン『La Pausa(ラ・パウザ)』のブログです。サロンからのお知らせや、主宰・森澤徳子の日常を綴ります。

links

others

search this site.

モチベーションはプリン?

今日は、済生会病院淡海荘でのアロマフットケアでした。


淡海荘でのフットケアも、もうすぐ丸3年。


ここ1年ぐらいは毎月ケアに行くたびにプリンを買って帰っています。

私自身は、あんまりプリンは好物でないので、子どもたちのために2つだけ。


実は、このプリンがモチベーションを保つために役立っています。


普段、自宅で仕事をしているので、外に出て行くことは楽しみでもあり、往復で2時間はけっこう負担に感じたりします。


それが、いただいたお金でプリンを買うと「今日も行けた、頑張って行ってよかった」って、思えるから不思議です。



ちなみに、私はスイーツよりも生の果物の方が好き。

帰ってから、買っておいたイチジクを2つペロリと平らげました。

果物も、カロリーあるから、なかなかやせませんね。






Roots〜滋賀在住の専門家たちによる地域密着型福祉情報〜

私は、アロマセラピストとして、

Roots〜滋賀在住の専門家たちによる地域密着型福祉情報〜

というサイトに載せていただいています。

今日は、このサイトが滋賀ICT大賞2019を受賞したので、メンバーとお祝いランチに行ってきました。


それぞれ専門分野で活躍しながら、福祉にも力を入れておられる方々。

今後は、在宅介護をされている方へのサービスを、充実させていこうと話し合いました。



これからますます必要とされる分野。
必要な方に届けられるよう、私も頑張ります。




ランチは三上山テラス さんで。
パニーニ、美味しかったです。


継続できるカタチへ

今日は、済生会病院淡海荘でアロマフットケアでした。

施設でのフットケアを始めて、2年半。
もともと、淡海荘でのケアはらソーシャルアロマセラピスト養成講座修了生さんに活躍の場になればと、始めました。

その思いとは裏腹に、一人で行っていた時期も長くあり、悩んだこともありました。

今は、修了生さんと二人で行っていて、身体や時間の負担も軽くなり、助かっています。

でも、来年に備えて、そろそろ私が行かなくても大丈夫なように、仕組み作りをしていかなきゃなと思っていて…。

せっかく、利用者さんも気にいってくださっているので、なんとか継続できるようにしていきたいです。






利用者さんの中には、むくみがひどい方も。

ずっと車イスだと、どうしてもむくみやすくなりますね。

リハビリでの歩行訓練。「めちゃくちゃ痛いけど、なんとかトイレだけは自分で行きたくて、頑張ってる」ってお話を聞くと、思いっきり応援したくなります。

香りの違い

今日の午前は障害者支援事業所イキイキさんでアロマケア。
2週連続でさせていただきました。






施設にたまたま他メーカーのラベンダー精油があったので、ミュゼのラベンダー精油と比べてみました。



これが、

「全然違う!」

と、職員さんがビックリされるほどの違い。


ミュゼの方は、甘くてラベンダーのお花が咲いている絵が想像できるのに対し、他メーカーのは、ツンとして鼻に残ります。

もともと利用者さんがラベンダー精油を嫌がられると、相談を受けていたのですが、ミュゼのは全然嫌がられませんでした。
障害者さんは、嗅覚が鋭い方が多いので、きっと香りの違いに気づいておられたんですね。



昼からはパソコンに向かって原稿作り。
久しぶりに集中して、3時間ほど座っていたら、腰に激痛が。

やっぱりちょこちょこストレッチが必要ですね。

みなさんもお気をつけて。







ソーシャル活動

今日は障害者支援事業所イキイキで、アロマケア。

男性2名、女性2名の計4名の利用者さんが受けてくださいました。

取り組みの一環として、年に数回ご依頼いただいています。

済生会の方もそうですが、受講生さん、修了生さんと一緒に活動したいと思いつつ、募集してもなかなか集まらず、一人で行くことが多々あります。

最近では、集まらなくて落ち込むのが嫌で、募集さえもしてませんでした。
反省して、次回からまた募集しますね。

自分自身が継続するのは、そんなに苦じゃないんですが、受講生さんに継続してもらうことは、失敗続きです。
育成って難しいですね。
だからこそ、やりがいがあります。

さて、いよいよ明日から梅雨入りっぽいですね。

気圧の変化で体調崩す方が多そうです。
しっかり休息をとって、免疫アップしてくださいね。


| 1/41PAGES | >>
このページの先頭へ