profile

滋賀県近江八幡市のアロマ・トリートメントサロン『La Pausa(ラ・パウザ)』のブログです。サロンからのお知らせや、主宰・森澤徳子の日常を綴ります。

links

others

search this site.

お手入れのペース

今日はフェイシャル施術のお客様。

2週に一度、いや週に一度のペースで来てくださいます。


多くのお客様が月に一度なので、かなりハイペースに感じますが、毎日使えるオイルを使って施術をしているので、肌には負担がありません。

むしろ、どんどんキレイになるペースです。


60代とは思えない肌のハリがあるお客様ですが、目元のシワが気になるとおっしゃっていたので、しっかり保湿ケア。


お顔全体が引き上がったことも相まって、仕上がりに納得いただけたようです。



コロナ以降、通ってくださっていた方が来られなくなったり、私があまりに大変だとブログに綴るせいか気を遣ってくださったりと、全体の来店数は減っています。


以前のようにはお仕事できていませんが、こうして働かせていただけることに本当に感謝しているし、何より自分自身が癒されます。


勉強や家庭のことと両立をしていきたいです。



首のシワに

今日は60代後半のお客様。

外見ももちろんお若いのですが、気持ちが若い、センスが若い。


中学生のお孫さんとお揃いで、セシルマクビーやINGのオフショールやアシンメトリーな洋服を着こなしたり、Samanthaのバッグがお気に入りだったり。


もちろん、ハイブランドのお洋服も着られていますが、「自分はこれが好き」というのがあって値段にとらわれない姿勢が、素敵だなと思いました。


気持ちが若いから外見も若い、そして肌もプリプリです。

マイナス30歳ぐらいの肌質で弾力がすごい。


ただお悩みなのが、首元。

ゴルフやテニスでどうしても日焼けしてしまうそうです。

首元は年齢が出やすいところ。


うちは、オイルトリートメントはもちろん、酵素パックや化粧水も首までしています。


施術後はやっぱり首のシワが軽減してるように見えます。


おうちでのお手入れでも、コットンにつけた化粧水を首までつけるだけで、ずいぶん変わります。お試しください。






溜まりすぎたら

今日は施術のお客様。

月に一度来てくださっています。

ただ今日はお顔を拝見したときから、すごくしんどそう。


足裏〜ひざ、背中、デコルテ、ヘッドの順に施術をしたのですが、背中が終わったぐらいに、足が重だるいという訴えがありました。


膝下は、身体でもとりわけ浮腫みやすく溜まりやすい場所。

通常うちの施術でしんどくなりやすいのは上半身なので、足が重だるくのは珍しいです。


でも、非常に疲れやむくみが溜まっている場合足の爪と皮膚の間から黒褐色の分泌液が出たり、倦怠感がでることもあります。



足を高くあげたり、施術を太もも・鼠径部まで行ってリンパをしっかり流すことで楽になっていただきました。


梅雨時期は特にたまりやすく浮腫みやすい時期です。

丁寧にケアしていきますね。




やりがい

今日は9時半〜13時過ぎまでソーシャルアロマセラピスト養成講座、14時〜17時半まで施術のお仕事でした。

いやぁ、よく働いた。働かせていただいた。


ありがたいことに、お客様のご都合に合わせて予約を入れていた以前と比べて日数が限られた今でも、予約してくださる方がいます。

頼ってくださり、やりがいがハンパないです。


やりがいは心の健康を生み出します。

心の健康は身体の免疫を強くします。

10年間ほとんど風邪もひくこともなく過ごせたのはアロマのおかげです。


家事と仕事以外と鍼灸大学以外の時間は勉強している今、コロナでこの先どうなるんだろうと考える時間もなく過ごしているので、心配性ですぐ寝つきが悪くなるはずが、気絶するように寝ています。



無理をすると続かないので、無理しすぎず3年間頑張り続けられるよう、「時間の使い方の見直しをしたり、優先順位をつけなきゃいけないね」とお客様と話していました。


今に感謝しつつ、大事なことを見失わないように頑張りたいです。






手の良さ

今日はフェイシャルて足ツボのお客様でした。


小学生のお孫さんがいらっしゃる方ですが、美意識が高く行動力があり、とてもパワフルです。


先週初めて来店され、気に入ってもらえたのか2週続きで来てくださいました。


お客様がおっしゃるのは、手の良さ。


美容整形クリニックはもちろん、一般のエステサロンでも美容の機械を導入されているところが多いです。


うちは全てを手で行うので、手の温もりを感じられ、心まで癒されるのが特徴。


私自身、初めてオールハンドの施術を受けたときの気持ち良さは忘れられません。


香りと手と、その二つをこれからも大切にしていきたいと思もうのです。




| 1/213PAGES | >>
このページの先頭へ